2010年08月05日

初心者の為のタコエギング講座<改訂版>[ダウンショット編]

top.jpg


今回は「初心者の為のタコエギング講座<改訂版>[ダウンショット編] 」と言う事で…

今最も有効であろう「ダウンショットでのタコエギング」についてのみまとめました。

前回と同じ文面が多いですが、復習だと思って読んでください。


僕が何時もやってる事や気を付けている事を書いてるだけですんで、参考までに御覧下さい。



<< タコエギの特徴 >>

タコエギの良いところは、タコジグとテンヤの両方の要素を合わせ持ち、さらにルアー的なアクションが可能なところでしょう。

しかも、タコジグやテンヤに比べて比較的軽いので、根がかりもあまりしませんし、キャストも楽です。



<<ダウンショットの特徴 >>

ダウンショットの最大のメリットは…

底をズル引くタコジグやテンヤ、底引き用のタコエギに比べて、タコに貼り付かれる事が格段に少ない所です!

貼り付かれたとしても剥がしやすいです。



<< タコエギングのタックル >>

http://gashira-blog.seesaa.net/article/144570302.html 参照

tackle.JPG




<< エギのサイズとカラー >>


大阪湾の陸っぱりでは…

5・6月-3.5号〜4号  7月-2.5号〜3.5号

8月-3号〜3.5号  9月以降-3.5号〜4号

これくらいが、タコのサイズ的にもあっていると思います。

どれか一つ買うなら3.5号が良いと思います。

(5月〜9月以降と書いてますが、場所によっては年中釣れます。)

カラーは、グロー系 ・ オレンジ/赤テープ ・ ピンク/金テープ

が僕のお薦めです。


<< チューニング >>

タコエギの背中にタコベイトを半分にカットした物をステンレスワイヤーで取り付けます。

タコベイトは、YAMASHITA が一番ソフトで良い動きをします。

これで釣果はかなりUPするはずです。

そのうち製品化されるかも知れませんね…

egi.JPG



<< ダウンショットの仕掛け>>

まずリーダーにクロスロックタイプのスナップスイベル(スナップサルカン)を付けます。

それに5連サルカン(又は同等の効果のある物)と軽めのタコエギを付けます。

※底引き用の重めのタコエギではダウンショットの効果が下がります。

5連サルカン(又は同等の効果のある物)にナス型オモリを付ければ完成です。

ナス型重りは、3号〜6号を水深と潮の速さで使い分けています。

(明石海峡の様な潮のかなり速い場所では8号〜10号を使用しました。)

shikake.JPG


市販の物では、YAMASHITAの「タコもエギ好きやねん」がダウンショット専用に設計されており…

ダウンショット用のサルカンやシンカーも発売されています。

http://www.yamaria.co.jp/yamashita/yamashitaproduct/tabid/66/catid/82/Default.aspx

「タコエギサルカン」は超便利です。そんなにお高い物ではないんで、これだけ買うのも良いと思います。


※根掛かりをロッドを叩いて外すとスナップが開く事があるので、根掛かりした後は必ずチェックして下さい。



<< タコの習性 >>

タコは本来夜行性ですので、基本的に日中は岩影や捨石の中に潜んでいます。

しかし、日中でも海底や波止にベッタリくっついて餌を探して歩き回ったり、時には泳ぎ回ったりもします。

タコエギングで一番簡単な釣り方は、エギをキャストして底まで落とし、そのまま海底を引きずって来ると言う方法です。

これだけで、何時かは釣れると思います。

しかし、何処にでもいる訳ではありませんし、ただ引きずって来るだけではタコも見逃してしまうかも知れません。

ですのでタコを引き寄せるアクションと食わせの間が必要になってきます。


< タコを引き寄せるアクション >

ズル引き : エギを海底を這わせるようにズルズルと引きずります。

リフト&フォール : エギを軽くシャクリ上げて、カーブフォール(テンションフォール)で底に落としてやります。

ボトムノック : エギを持ち上げては落とすの繰り返し。底をトントン叩いてやります。

シェイキング : ロッドを小刻みに揺らしながら底を引いてやったり、止めている時にエギをブルブル動かします。


< 食わせの間 >

タコはエギがフォールする時(ボトムノックやキャスト直後など)に反応し、着底した瞬間に抱きつきます。

底を引いている時は、エギが動いている後ろからゆっくりついて来て、動きが止まった時にサッと抱きつきます。

即ち、タコは動いている時に狙いを定め、動きが止まった時や着底した瞬間に抱きつくと言う訳です。

タコエギングでは、これが食わせの間と言う事になります。

※活性の非常に高い時は、フォール中や底を引いている途中でも飛びついて来ます。



<< ダウンショットでのタコエギングのアクション >>

根の荒い所で釣りをする時は、海底をズル引きするだけで結構釣れます。

何故かと言うと、上記のアクションが自動的に行われているからです。

例えば、底を引いていると根に引っかかって止まります。

そして根から外れた時にエギは跳ね上がり、再び着底します。

これが、タコを引き寄せるアクションと食わせの間になっている訳です。


根の少ない場所では上記のアクションを、自ら演出しなければいけません。


< ズル引きで釣る >

僕は、3秒(60〜90cmくらい)引きずって2〜3秒止めるの繰り返しで釣ります。

要は「ストップ & ゴー」です!

反応が無ければ、止めの時間を長くします。

根を探って、しっかり位置を覚えて下さい。

僕が一番多用する釣り方です。(基本)


< リフト&フォール>

軽くロッドをシャクリ上げて、ロッドを立てたままエギをカーブフォール(テンションフォール)させます。

これはタコを寄せ付ける為の動作で、ズル引きやシェイキングの合間におりまぜると効果的です。

着底した後ズル引きするとタコが乗ってるって事も良くあります。


< シェイキングで釣る >

ロッドを小刻みにシェイクしながら底を引いてやったり、エギを止めている時にシェイクを入れます。

※根の荒い場所で止めている時にシェイクすると、根の穴に入り込んでしまう事があるので気を付けて下さい。

ズル引きで釣れない時に結構釣れたりします。


YAMASHITAの「タコもエギ好きやねん」はラトル入なので、この釣り方を推奨しておられます。


< ボトムノックで釣る >

ひたすら底を小刻みに叩きながら巻いていきます。

テクトロの様にボトムノックしながら歩くのも良いです。

たまに止めたり、シェイクを入れると効果的。



<< ポイント / 狙い方 >>

基本的には根の荒い場所(捨石の入っている場所やゴロタ場など)が良いでしょう。

サーフ(砂浜)でシモリが点在するような場所でも釣れます。

タコは主にカニを食べているので、カニが沢山居る場所は探ってみる価値ありです。


タコの居場所
takonoibasyo.gif


ダウンショットでのタコエギングのメインはやはりキャスティングです。

波止釣りでまず初めに狙うのは足元でしょう。

普通足元は小型が多いのですが、沖堤などの水深のあるポイントでは大物がいる可能性も大です。

次に、波止やベランダの足元には必ず石積みや捨石が入っていますので、その境目(駆け上がり)を引いたり叩いたりしてやります。

更に、ズル引きで底を調べながら、だんだんと沖向きに投げていくと良いでしょう。根があればそこを重点的に狙います。

(根がかなり荒い場所は、ボトムノックのほうが根掛かりしにくいです。)

藻場があれば、その際も狙い目です。

一箇所で粘るよりも、こまめに移動しながら釣るほうがタコに出会う確率は上がるでしょう。



<< 合わせ方 / 抜き方 >>

エギの着底後や止めた後の引き始めに重みを感じたら、ラインスラッグを取ってロッドを軽く立てて持ち上げてみましょう。

藻や根なら、スッ!と軽くなりますが、タコなら重みを感じたままゆっくり浮き上がります。

タコが掛かっていたら、そのままロッドを思い切り立てて合わせます。

底から引き離す感じで一気に巻き上げて下さい。

底に引っ付かれると厄介ですので、とにかく浮かせましょう。

(タコの引っ付く力は体重の20倍らしいです。)

ポンピングはバレやすいので、しない方が良いです。

※1キロを超えて来ると、ポンピングも止む無しですが、テンションは絶対抜かないように。


もし引っ付かれて動かなくなった場合は、ラインのテンションを張らず緩めずで動くまで待ち、少しでも浮いたら一気に剥がしてやると良いでしょう。


足元まで来たら、ためらわずに引っこ抜いて下さい。

抜く時に躊躇すると、バレたり、足元で引っ付かれたりします。

始めてタコを釣った人が一番バラスのがこの時です。

※2キロ近いタコは、タモ入れした方が無難です。

<追記>

釣りビジョンをご覧の方は知ってると思いますが、タコはエギを抱いたままエギと一緒に歩く事があります。

そんな時は、藻の上でエギを引きずってる様な感覚が伝わって来ますので、軽く合わせてみてください。



<< 根掛かったら >> 2011.11.08 修正

もし根掛かったら、まずはラインを手で持って軽く上下に動かしてみて下さい。

それでもダメな場合は、棒の様な物に巻きつけて引っこ抜いて下さい。

僕は、100均のすりこぎを持ち歩いています。

PEラインは素手で引っ張ると危険ですからね!

手で引っ張る時は、ラインが食い込んで手が切れる事があるので、グローブをはめてやって下さい。

※根掛かりと思ったらタコだった!って事も結構あります。



<< タコの締め方 >>

目と目の間(眉間)を、ナイフなんかで刺せば締まります。

それか、胴を裏返しにして、内蔵を取ってしまうと良いです。

家が近ければ生きたまま持って帰った方が美味しいらしいです。

僕は、動いてるタコの内臓をとるのは気持ち悪いので、氷の中にぶち込みます。

(^▽^;)



以上!

初心者の為のタコエギング講座<改訂版>[ダウンショット編]

長々とお付き合い有難うございました。

おわり。



タコエギングに興味が出た方…

ポチっとお願いしますね♪(人´∀`*)

にほんブログ村 釣りブログ タコ釣りへ
にほんブログ村



web拍手 by FC2

posted by DK at 20:23 | 大阪 ☀ | Comment(10) | Fishing タコエギング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやぁ〜勉強になりますわ(〃▽〃)
ヤマシタ製品もイロイロと紹介して頂いてありがとうございます(^^)

とりあえず…
お盆休み中に聖地に行きたいですね(〃艸〃)
早く2kg釣ってDKさんの頭に…(笑)
Posted by なか at 2010年08月05日 21:40
執筆、お疲れ様です。

これがオクトパスマガジンの中身なんですね〜

DKさんはもうタコ王子と改名してください(笑)

ところで、余計なことですが、ダウンショット推奨派の私からもなぜ有効か、補足させてください。

ライトタックルでもタコが簡単に釣れるダウンショットは、海底を少しエギが浮いた状態、タコテンヤなどは、底をズル引き、ズル引きの場合、タコは真上から乗りかかって張り付くようですが、浮いたものを捕まえる場合は、まず抱きつく特性があるようですね。

だから底に張り付かれにくい・・・あくまでも張り付かれにくいってことで、張り付かれにくいことも結構ありますが(汗)

ま、この知識もYAMASHITAの受け売りなんですが(笑)

タックルはDKさんの言うとおりがいいと思いますが、私のライン0.8号+エギ竿でも、結構、獲れるんで、それでダウンショットの有効性が証明されると思います。

次は応用編ですね。
Posted by タコドン at 2010年08月06日 03:47
Re:なかさん
一応「このエギのカラーにはこの色のタコベイトが良い」って言うのがあるんですが、色々試すほどエギもタコベイトも種類を持ってないので…(^▽^;)
今度はなかさんがカラーチャートを作ってください。

聖地!行きたいですねぇ。(^▽^)/
Posted by DK at 2010年08月06日 09:54
こんにちは

大変勉強になりました。
最近タコエギにはまってますがポイントに付いて教えてください。

垂直岸壁に小ダコが付いている場合、その沖にもタコ(大小)は付いていると思って良いのでしょうか?

私の場合どうもポイントが絞り切れてないように思い悩んでます。

Posted by edo at 2010年08月06日 10:05
Re:タコドンさん
ダウンショットの特徴を書くの忘れてました…(^▽^;)
簡単に付け足しときました。

最初の画象をオクトパスマガジン8月号と差替えますわ。

タコ王子ですか?
なかさんはアジング王子ですよねぇ…
王子だらけになりそうですね。(⌒-⌒)
Posted by DK at 2010年08月06日 10:09
Re:edoさん
有難うございます。

垂直岸壁にタコが付いているなら、その沖にも必ず居るはずですよ!
捨石が入っているなら、その駆け上がりが一番のポイントです。
更にその沖にも結構シモリがあったりするので、それを見つけると効率良く釣れると思います。
砂地でもタコはうろちょろしてますので、根気よく狙うと釣れますねぇ。

僕は根気が無いのでシモリがないとワンキャストでスルーします。(^▽^;)
Posted by DK at 2010年08月06日 10:56
こんばんはわーい(嬉しい顔)

今度タコエギングはじめたいと思ってます手(チョキ)

初心者講座かなり参考になりますグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

泉佐野のドラム缶周辺でも釣れるのでしょうか?

もしご存知ならアドバイスお願いします。
Posted by チラっくま at 2010年08月20日 23:15
Re:チラっくまさん
はじめまして。
食品コンビナートはあまり行かないんですが、情報によると小型が多い様ですが釣れてるみたいです。
泉佐野周辺は結構何処でも釣れるんで、あちこち廻ってみて下さい。
(⌒-⌒)
Posted by DK at 2010年08月20日 23:57
こんばんわ
以前はアドバイスありがとうございます週末チャレンジしようと思います
サオやリール・糸はどんなのがいいですか?
Posted by サンジ at 2010年12月02日 18:43
Re:サンジさん
一応本文のタコエギングのタックルの所にリンク貼ってますので↓
http://gashira-blog.seesaa.net/article/144570302.html
を参照して下さい!
Posted by DK at 2010年12月02日 18:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。